環境汚染リスクに対応する保険-法人保険ドットコム|法人・企業保険見直しなら

?????????????????????

環境汚染リスクに対応する保険

もしも自社の工場や施設が原因で環境汚染を起こしてしまったら・・・。
潜在する環境リスクで最も重要なポイントは、徐々に進行する蓄積性汚染です。 
かなりの年月が経過して初めて環境汚染を認知することがあります。 
その時、貴社はどうしますか・・?

環境汚染による被害とクレームの実例

潜在する環境リスクで最も重要なポイントは、徐々に進行する蓄積性汚染です。 
かなりの年月が経過して初めて環境汚染を認知することがあります。大手化学工場の実際の事例をもとに考えてみました。

化学工場の廃棄物埋立場から有害化学物質が漏洩し付近の地下水を汚染しました。 
調査の結果、1950年から1970年代にかけて塩化ビニールやタール類などが投棄されていたことが判明。
付近で地下水を利用していた多数の住民が「水を使用できない」と損害賠償請求をしました。
また、地下水を多量に利用している工場などは操業を全面停止しなければならなかったのです。 
  
しばらくして周囲の子供に白血病や免疫不全が多発し、1985年になって訴訟が提起されました。
汚染源から200mしか離れていなかった小学校は閉鎖され、500名の児童は16キロ離れた学校に転校させられました。 
被害を受けた子供の将来の治療費や教育費として、200億円近い和解金が化学メーカーと地区の不動産開発業者等によって支払われました。

これは米国での事例ですが、環境汚染が長い時間をかけて発生することを示しています。

  • ステージ1 大気、水質、地質汚染により環境そのものを汚染する段階
  • ステージ2 汚染された環境によって身体や動植物に被害が徐々に発生
  • ステージ3 損害賠償請求の提起(クレームの発生)

環境汚染賠償責任保険は、従来の施設所有(管理)者賠償責任保険と異なり、保険期間中にステージ3、損害賠償請求の提起がされた場合に保険が適用されます。

従って、ステージ1、ステージ2などの過去の隠れた環境リスクも一定の条件下で保険でカバーされることになります。

 

 

 

  

保険の見積り依頼・ご相談はお気軽に

御社名 (必須)
ご担当者名 (必須)
メールアドレス (必須)
お電話番号 (必須)
会社所在地 
ご検討中の保険 (必須)
ご検討・ご興味のある保険について(保険会社の指定があればそちらも)
ご相談内容 (必須)
お見積りをご希望の場合は業務内容や売上など詳しくお聞かせください

業種で選ぶ
業種で法人保険を探すリスクで法人保険を探す保険商品で探す保険会社で探す
PR広告 法人保険ドットコムお問合せ窓口

このホームページの情報は、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。
ご検討にあたっては、必ず説明を受け重要事項説明書類・当該商品のパンフレット・約款をあわせて
ご覧ください。このホームページの情報は、企業・法人様向けの情報とさせて頂いており、
新規のご説明・ご契約には、十分にご説明をさせて頂きます。
なお、有限会社山下保険企画は三井住友海上火災保険㈱の保険商品もお取り扱いしていますが、ホームページ上では三井住友海上の商品説明を行っていません。
ご興味のある方は別途お問い合わせください。
ご契約の手続きやご不明な点は、各保険会社および法人保険ドットコム運営会社までお問合せ下さい。